デザイナーでも残業をせずに定時で帰るコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
残業しないコツ

私は現在、ホームページや動画のクリエイターとしてお仕事させてもらっていますが、同業の知り合い等は皆口をそろえてこう言います。

「デザイナー(クリエイター)だから、夜遅いのは当たり前」

確かに業界的には、周知の事実として認識されていますが、私の個人的な意見としてはそれでは非常に効率が悪いと思います。

現場でよく見られる負の連鎖

負の連鎖の図

と、ここまでは誰でもわかっていること。

もちろん、誰だって好き好んで残業しているわけじゃないし、早く帰れるもんならそうしたい。
けど、やはり制作の現場では「残業」がある種の「ステータス」となっているのもまた事実。

「負の連鎖」を生むひとつの要因は「負の考え」ではないか

私があるウェブ系の制作会社に勤めていたときのこと。当初の私はまだデザイナーになりたてのいわゆる「駆け出し」アシスタントでした。
当時の会社のホームページには、募集要項に「勤務時間:9時~18時」と書かれており、もちろん、初日から18時に帰れるわけもなく。と言いながらも、私自身も一日も早くスキルを身につけたいと必死だったので、自ら志願して残るようにしていました。

半年ほど経ったある日、家の用事で急遽帰らなくては行けなくなったので、上司に定時であがりたいと訴えたが、帰ってきた言葉は、

「え?家の用事?ダメよ。だっていつも遅くまで残れてるじゃない?」

家の用事と言っているにも関わらずダメってか!?

さすがに度肝を抜かれました。
結局その日は定時に帰れなかったが、いつもよりは早め(?)の11時に会社を出ました。

そしてその瞬間に、
「あぁ、当たり前の状況は自分が生み出してるのか」と悟りました。

だからって帰れないものは帰れない

そうは言っても、実際日々の仕事が山積みなわけだし、余った時間があれば少しでも勉強したい。

ここで、「聞き分けのない上司が悪い!」と言ったらそれまで。
仕事も勉強もうまく時間をコントロールしてこそ、「効率」がいいと言えるはずです。

残業を回避するために試したこと

実際、半年間、ほぼ毎日夜中まで仕事している状態が続いているので、すぐに早く帰ろうと思っても正直厳しい。

そこで以下の方法を実践してみました。

  • 1週間ごとに、帰る時間を5分ずつ早める
  • 家でできる勉強は、なるべく家でやることにする
  • 持ち帰れる仕事は、家でやる
  • これらの方法をやる同志を募る

4つ目の「仲間集め」は、自分の中で特に重要視しました。
家の用事ですら帰れないくらいのだから、一人で強行しようとしても、なかなかうまくいかないと思ったからです。
実際やると言ってくれたのは、一人だけだったがそれでもかなり心強かったのを覚えています。

そしてその結果、当初0時以降だった帰社時間が、実践から半年後には20時台にすることができました!

自分が変わると周りが変わる

これは想定外だったのですが、なんと会社の人間が次々と早めに帰ろうとする動きをみせ、最終的には業務改善を行うまでに至ったのです。
当初は、二人で早めに帰ってたときに、若干の陰口は叩かれたのだが(それは想定内w)、段々その光景を見ていたデザイナーが早く帰りたいと思うようになってきたらしい。

「そうか。残業することが当たり前になりすぎてて、みんなマヒしていたのか。」

誰だって初めの頃は早く帰りたいって思っていたはず。
そして、「早く帰るようにするためには、業務の流れそのものを見直す必要がある」と会社自体が考えるようになりました。

それでもたまに残業してますw

今はフリーランスということもあり、残業という考え方そのものが薄れてきてはいますが、なるべく急ぎの案件がない限りは、仕事は早めに切り上げるよう心がけています。

今もなお実践しているのは以下の項目

  • スケジュール管理を欠かさずにしっかり行う
  • なるべく朝早く仕事を開始する
  • 家に持ち帰る仕事は1時間程度で終わるものだけにする(極力持ち帰らない)

まずは、できることから試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください